子育てママに、これからの時代に備えて教育力・経済力を高める情報を発信します。ママだけで終わらないで家族で幸せになろう。
記事

中学受験と老後貧乏を考える

老後貧乏について、最近記事が多い。 ビジネス誌でも特集を組む。 ビジネスオンライン誌のこの記事が、以前から気になっている。 老後貧乏予備軍が増加傾向にあるのは、次のような要因があるというのだ。 1)住宅ローンを借りた当初 …

中学受験と老後貧乏を考える

教育としてのハロウィン

ハロウィン。 近年ではこの日に向けてコスプレに励む普通の子供達もいる。 どこでやっているか? 都会ならシンボリックな場所があるし田舎でも英語塾ではハロウィンパーティするところもある。 何でも勉強のジャマと遠ざけると、コス …

教育としてのハロウィン

理系なら医学部を目指そう

医学部、誰もが難しいと思われている。 しかしあえてオススメする「理系なら医学部を目指そう!」 確かに、狭き門は間違いない。 しかし、東大理III、京大医学部、以外であれば情報と工夫次第で入れないこともない。 何せ、医学部 …

理系なら医学部を目指そう

ママよ、資格を取ろう

配偶者控除がなくなる、これは専業主婦としての「うまみ」がなくなるということだ。 この制度は全ての女性にフルタイムで働けということだろうか。 今までは130万の壁といわれていたのでその範囲での仕事で探すのが専業主婦の頑張り …

ママよ、資格を取ろう

母の日にカーネーションのLineスタンプ

母の日に、カーネーションの花束。 子育てママにとって、嬉しい時間。ご褒美かな。 幼稚園では、折り紙で花を作って、お迎えママに「いつもありがとう」と言ってくれた(先生が指導した)。 小学校になると、学校行事として存在しない …

母の日にカーネーションのLineスタンプ

クラブと勉強の両立は可能か?

高校生。勉強一本のためサッカーを辞める。 クラブと勉強の両立に悩み、クラブを途中で諦める子供がいる。 勉強とクラブ両立して第一志望大学に合格するのは、素晴らしい。 しかし全員が乗り越えられることではないので、クラブ続ける …

クラブと勉強の両立は可能か?

算数が好きな子供にする

小学校まで算数・中学校から数学。 算数がにがてな子供は、だいたい中学校ではもっと嫌いになる。中学・高校となると、数学ができないと志望校へのハードルは高くなる。 文系だから、と言っても大学で経済・経営を目指すなら数学は出来 …

算数が好きな子供にする

ママが仕事を持たないことのデメリット

①経済的なデメリット ②身体的なデメリット ③精神的なデメリット ①は一般的なこと。②と③については、少ない専業主婦サンプリングによるので正確ではない推論だが、一考の価値はある。 昭和から平成にかけての専業主婦研究、なる …

ママが仕事を持たないことのデメリット

子供が中学生・高校生になった時・やる気

子供が中学生・高校生になっても家でヒマにしている場合。 休日が週に2回だからヒマな時間のありがたさがわかる。 しかし何もすることがないと、ヒトは飽きてくるものだ。 ヒマな時間が多いと、ママは余計なことを考えるようになる。 …

子供が中学生・高校生になった時・やる気

職種の選び方

子供が小学校高学年になりヒマになってきた。さて仕事しようという時どの業種を選ぶか。 基本は、好きな業種がいい。 パンが好きだからパン屋さん。 →昨日の残りのパンをもらえたり、3割引きで購入できる。 ラーメンが好きだからま …

職種の選び方

ママが働くことの利点

①経済的余裕 ママが働くことの利点は、まず経済的に余裕が出るのは当然である。 では、富裕層である・親の財産がある・夫がエリートサラリーマンである、経済的にすでに余裕があるから、働く必要はない、は正解だろうか。 各家庭に事 …

ママが働くことの利点

専業主婦、仕事をしてみる

家の中でのんびり暮らしていた専業主婦に仕事ができるのだろうか。 ネットで「専業主婦 仕事」ググルと、ネガティブな意見や怪しげな勧誘が出る。イマドキ専業主婦は贅沢との意見も。 昭和時代から言わせてもらうと、これが女性の「普 …

専業主婦、仕事をしてみる

おすすめ絵本

子どもが好きになるおすすめ絵本を紹介。 ★まずは年齢分けで。 <1歳から> ●いたいいたいはとんでいけ 松谷みよ子 わらべうたでの調子で、泣いた子を慰めるのに役立つ。 転んで泣いたときに「いたいのいたいの、むこうのお山へ …

おすすめ絵本

子育て本の紹介

子育て本といっても、いろいろな考え方の著者がいる。 心理学者、や現場の教師もいれば、普通のママのエッセイまで幅広い。 内容はそれなりに納得して得るものはある。 新しい本を読むたびに、自分の子育てに反省し1週間くらい理想に …

子育て本の紹介

教育費をかければ子供は幸せになれるか

教育費をかけ子供は幸せになれれば、ムダ金ではない、万々歳である。 しかし子供に教育費をかけたために起こる災難もある。 大きく2つに分けられる。 ①家庭での生活が苦しくなっていく。 ②子供が親が願う方向に行かなくなっていく …

教育費をかければ子供は幸せになれるか

子供にどこまで教育費をかけるか

前の記事の続きになるが、子育てママにとって興味深い内容なのでもう少し掘り下げてみる。 内閣府のデータ、「一人の子どもを育てる費用は1,302万円」は、育てる、だけの基本費用。 他にもいろんなデータがあり「一人の子どもを育 …

子供にどこまで教育費をかけるか

ママが英語を勉強する理由

一般的に、TOEIC710点以上あれば就職に有利、企業から重宝されると言われる。 現役高校生なら、勉強したら届く子供もいる。 いや、イマドキTOEIC710点だけでは弱いのかもしれない。 最高点999点を取った子供の友人 …

ママが英語を勉強する理由

子供にかける費用

内閣府が行った家計調査によると、1人の子供にかける費用は、1300万円から。 平成17年版 国民生活白書「子育て世代の意識と生活」 第3章 子育てにかかる費用と時間 第1節 子育てにかかる費用 18~21歳の子どもを一人 …

子供にかける費用

資格の選び方

世の中には「資格」と名のつく本が多い。 どの系統か決まっているなら、その題名をダイレクトに選べばいいが、自分がどれに合っているのか迷う時には想像の中で選択してみる。 仕事に結びつかないいわゆる「シンデレラ資格」は時間の無 …

資格の選び方

稼ぐ主婦

男性に限らず、女性でも「すごい人になってみたい」ということを考えたことはあるのではないだろうか。 「すごい人」とは、すごい発明をした人やノーベル賞とるとかだけでなく、キラキラなアイドル・タレント・女優などの芸能人も「すご …

稼ぐ主婦

理系・文系の選択、子供が迷う時

2014年は就職率が上がったとはいえ、高校生・大学生の就職難は言われて久しい。 それを反映してか、受験生の資格志向が続いているという。資格といっても、大学に入ればほぼゲットしたといっていいのが医学部(医学科)。国家試験と …

理系・文系の選択、子供が迷う時

老後資金として必要な金額

現在子育て中だから老後のことなんて、とは思っても気になる自分の老後。 専門家が、いろんなところで教示しているので、概略だけは押さえておこう。 スポンサーリンク 老後のお金はいくら準備すればいい? 老後にかかる費用 老後準 …

老後資金として必要な金額

話題の「老後破産」、以前から指摘あり

NHKが放映した「老後破産」。ここからにわかに老後への見えない不安が襲う。 いや自分たちには関係ない、と思いたいのだが、NHKの中では「普通に暮らしていた人」を取り上げているので無関係とは言えない。 では、老後破産とは何 …

話題の「老後破産」、以前から指摘あり

日本のICT教育について

子供たちのICT教育が叫ばれて久しいが、現状はどのようになっているのか。 東京工業大学の赤堀侃司(かんじ)教授によると。  現在、各国ではICT教育が進められていますが、その様子は国によってさまざまです。私が視察した国の …

日本のICT教育について

Webデザイナーになろう:管理者の経験談

「Webデザイナーになろう」と考えたのには理由がある。 上の子供が中学生になり、日中ヒマになってきた。 中学受験が無事終わると、ママも抜け殻のようになるものなのだと知る。 週に2回ほど、ママ友とランチを楽しみ、学校の役員 …

Webデザイナーになろう:管理者の経験談

専業主婦批判本か、目を覚まさせる本か-日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体-

これは、2013年に発売されてから、ビジネスマン、専業主婦から賛否両論の嵐が吹き荒れた本。 本書のこの部分がキモ。「女はガッチリと男を捕まえて、月1万円というお小遣いで、チューチューと夫の収入と社会的リソースを吸い尽くす …

専業主婦批判本か、目を覚まさせる本か-日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体-

経済本でピケティブーム-富の格差とは

経済学の専門書、トマ・ピケティ氏著の「21世紀の資本」21世紀の資本 が世界的ベストセラーになり、日本でもブームになっている。 世界的に格差社会が問題になっているが、この本は富の格差や社会階級の問題に関心を失った現代経済 …

経済本でピケティブーム-富の格差とは

スポンサーリンク

最近の記事

老後2千万円問題
海外旅行
イケメン
キャリアウーマン
奨学金
投資・ビットコイン
専門職
節約生活
内閣府 夫婦共働き世帯と専業主婦の世帯の割合
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.