28歳で一子、31歳で二子を生み、二人とも社会人になり子供達への奉仕(笑)は終了。

これから第三の自分の人生、どう生きるかを問ていたが、
前回(社会人の子供を一人暮らしさせてみた)で以下のように書いたが、実行したいと思う。

——————————-

●やりたいことと、やりたくないことを明確にしよう

やりたくないこと
 ①毎日スポーツジムだけ
 ②予定は友達とのおしゃべりだけ

やりたいこと
 ①社会と関りを持ちたい
 ②1日の予定色々ある毎日がいい

●老後のテーマを決めよう
とりあえず
 ・楽しく生きてピンピンコロリ
 ・できれば社会貢献できたらいいな

——————————-

社会貢献といってもそんな偉そうことはできないが、いつお迎えが来てもよい歳なので、後悔しないように残りの人生を生きたいと思う。

いや、もう「子育てママよ、教育力・経済力アップせよ」テーマとかけ離れた記事になっているので
子育て記事を期待した方には申し訳ないが、むしろ、
子育て終了しても、ママとしてだけでなく、楽しく人生を送れることをお伝えしたいと願っている。

さて社会貢献について。
アラカンおばちゃん、まずは資格を取って、社会貢献への足がかりをしようと思う。

資格は色々あるが、第一に「自分の好きなこと」が良いと思う。
友達の知り合いAさんに、ワイン好きが高じて資格を取っているうちにスゴイ先生になっていた方がいて
そんな専門家Aさんに教えを請いたいと生徒は集まってくる。

筆者のママ友Bさんも、昨年から「自分の好きなこと」で教室を始めている。
Bさんは、フルタイムの前職を辞めて、2年間アルバイトをしながら「自分の好きなこと」の修行をしてきたが、アルバイトもきっぱり辞めて修行に専念。
人に教える自信がついたので、教室を始めたようだ。

高い授業ではないのでAさんBさんが「たいへん儲ける」わけではないが、誰かに頼りにされる人生は楽しいし、社会貢献され充実されていると思われる

ママ友Bさんは、結婚前はその「自分の好きなこと」の専門学校を卒業したけど、
結婚・子育て・全く別のフルタイム仕事をしていて、そこから遠ざかっていた経緯があり、
子育て終了した残りの人生を「自分の好きなこと」の専門家として生きたいと、着々と準備していた様子。

いつかは実行したい夢があるという話は、前職をやめるころから聞いていたが
お金をためて
修行して
自宅を教室に変えて
実行するBさんの継続力に感動!!

そんな仲良しママ友Bさんに触発され、
筆者も人に教えれるくらい、いや教えてほしいと言ってもらえるくらいなら、社会貢献になるのではないか・・・と。
そう、今はまだまだだが現在の専門分野をもっと勉強しようと固く決心する。

この10年間、子育て・仕事が順調だったので、全く頑張っていなかったような気がする。
幸せな時は頑張らないもので、危機感があると「やばい!」と思って頑張るものだ。
だるかった更年期も終わり、全てが自由になった今、老後を考える・・・

「今始めないと、やばい!」と思っている。
アラカンになったばかり。人生100年というなら、半分ちょっと過ぎただけだ。
もし、天からのお迎えが来たら「あ~勉強しとけばよかった~」と絶対後悔する。

「アラカンおばちゃん、資格とる!」頑張ってみよう。